海外投資を行う上で大事な指標が名目経済成長率です。
名目経済成長率が高ければ高いほど、投資によるリターンが大きくなる可能性を秘めています。

名目経済成長率とは、その国の経済規模が1年間でどれくらい成長したかを数値で示すものです。一般的に国内総生産の増加率を表します。

国内総生産の数値はまずその年の経済活動の水準を市場価格で計測した名目GDPというものがあり、これは生産された生産物の数量に市場価格を掛け合わせて価値を測定して、その合計を導きだします。
そこから物価変動による影響を覗いたのが実質GDPです。
そのため、名目GDPの増加率を名目経済成長率、実質GDPの増加率を実質経済成長率と呼ばれています。

つまり、海外投資を行う場合に名目GDPを見てどの国が経済的に成長しているのかを見て判断します。国が成長しているのであれば、そこに資金を投資し、その国の成長に貢献することで、成長した場合にはその見返りとなる利益を貰うことができるのです。

経済成長率の高い発展途上国は世界中から投資でお金を集めて、成長し、さらなる発展に繋げています。
投資家も投資をすることによって利益を得ることになるので、投資先の国と投資家はWin-Winの関係になります。

こちらのブログにも注目! http://regie-comptable.com

page 1 of 1